Ryuya Fujiwara
藤原 竜也
Webデザイナー
AGE.32 Iwate
2018〜独立
【デザインした作品は娘のような感覚です】

はじめまして。
フリーランスWebデザイナーの藤原です。
本制作サービスのコンセプト
本制作サービスのコンセプトは
【よりわかりやすく、あなたを魅力的に表現すること】です。
コンセプト自体は至ってシンプルですが、それには理由があります。


1.よりわかりやすく
今の世の中はモノや情報が溢れかえり、人々の価値観が多様化し、
様々な情報が乱立しています。
その事業の【拠点地】とも言えるホームページ。ホームページのデザインは、
ますます重要な要素になっていると毎日制作活動をしながら感じています。

せっかくホームページを制作しても、
・説明がわかりずらかったり
・どこから注文したらいいのかわからない
そんなページにたどりつくと、ユーザーは瞬く間に離脱し、
ほんの数分後にはそのページが存在していたこと自体すぐに忘れてしまいます。

こういった、当たり前の情報が伝わっていないページを制作しないよう日々心がけています。


2.あなたの魅力を表現
本制作サービスの特徴として(くわしくはこちら
【相手の靴を履く】ということを実施しています。
相手の靴を履くことで、
世界に一つしかないサービス、あなただけの魅力を表現することができます。
ユーザーは販売者の熱意や伝えたい気持ちにとても敏感です。

インターネットの中でも、やる気のないサービスに人は寄りつきません。
やる気のないサービスと思われないためにも、個性の魅力を最大限に表現するべきです。
もし、自分を表現すること。事業を表現することに悩んでいたらあなたのお力になれると思います。
文字情報だけでは相手にされない時代。
だからこそデザインで圧倒的に差別化する
毎日かかさずインターネットにアクセスして情報を取得している現代。
文字だけのページにたどり着いた時、
みなさんはそのサイトでどのくらいの文字を読みますか?
私は少ししか読みません。

・文章が読みやすいかどうか
・イラストや写真が入っていて、ぱっと見でも理解できる内容か
・本気かどうか

これを数秒の間に判断しています。
デザインの力を活用すれば、ヴィジュアルで感性に訴えることができたり、
商品価値を視覚化してわかりやすく伝えられます。
デザインは今後ますます重要になってくる要素だと私は考えています。
一人で制作活動をしている理由
本制作サービスは、私以外に制作しているスタッフはおりません。
お客様のご依頼時の対応や、制作中、仮完成後の修正対応から納品まで、一貫して私ひとりで対応しております。
なぜひとりで制作を担当しているのか。
その理由は、デザイナーがお客様と直接やり取りをすることで、お客様側の制作コストを極限まで抑え、
かつ最終的にお客様のイメージに合うまで制作に取り組めるからです。
営業、ディレクター、ライター、デザイナー、コーダー・・・と、制作工程ごとにプロのスタッフがいる制作会社というのは、もちろんクオリティの高さは保証されますが、人件費の問題でどうしても制作費が高騰しがちです。
また、修正に伴う作業というのも、ひとつのホームページに様々な担当者がいると、その分必要な時間や指示する内容が倍増していきます。「ちょっとこうしてみたい」というアイディアを形にするだけでも、膨大なコミュニケーションコストが発生するのです。​​​​​​​
もちろん、ひとりで制作を担当することによる物理的な制約はいくつかあります。例えば、他のお客様との順番の都合で多少お時間を調整して頂いたりすることもございます。
ですが、本サービスの最終目的は、お客様がデザイン面で納得できるホームページを作ることです。
その目的を効率的に、そして徹底的にコストを抑えながら達成するために、私がお客様ご自身が自信をもって世の中に送り出すことができるようなデザインを提供させていただきます。
■作業環境について
現在は自宅兼事務所にて制作活動を行なっております。
普段はお気に入りのイームズロッキングチェアに座って作業しています。

iMac 27インチをメインマシンとして使用し、

サブ機として、iPad Pro 12.9を愛用しています。

無類のガジェット好きです。

制作過程でアイディアの参考書をすぐ手に取れるように、
本棚を設置してあります。
また、基本的に家の中にしかいないため、観葉植物をデスク周りに配置して
クリエイティブな発想の手助けをしてもらっています。
ZOOMにて無料相談も行なっております。
もしよかったら、皆様のお悩みも私に教えていただけませんか?​​​​​​​
24時間以内にご連絡いたします。詳しくはこちら↓
Back to Top